初めての脱毛サロン「ミュゼ」体験。その感想


社会人になりJR線を頻繁に使うようになってから、電車の中で「脱毛」に関する中吊り広告をほぼ毎日見かけるようになりました。

お金が溜まったらいつか脱毛をしてみよう。そう思っていた私は、ある日ミュゼの「全身3か所360円」の中吊り広告を見かけました。

脱毛というのは一か所やるだけでも何万、全身で何十万もお金のかかるものだと思っていたので、見かけた直後に詳しく調べようと持っていたスマートフォンでミュゼのサイトにアクセスしました。

ホームページを見れば最初のページに中吊り広告と同じように大きく「3か所360円」のバナーが出ていて、どうやらそれは5月のキャンペーンのようでした。

全身のうち脇、Vライン、脛、腿、腕上下等々、部位分けされた3か所を選択することができ、さらに脇とVラインは無制限で気が済むまで何度でも通える、とのことだそうです。

この時同居していた姉がミュゼにちょうど通っていて、彼女は100円キャンペーンの時にミュゼに入会したそうです。
聞いたとことによると本当に100円を払っただけで現在進行形で脇の脱毛に通ってるとのことだったので、私もついに入会することを決意しました。

初回のカウンセリング予約はとても簡単で、ホームページから近くのミュゼ店舗と来店希望時間帯を選択するだけでした。あとは直後に送られてくるメールを保管し、カウンセリング当日を待つだけです。

 

初めての脱毛サロン、当日の流れ

当日、初めての脱毛サロンに緊張しながらビルの中のミュゼ店舗へ向かいました。
やはり女性限定の脱毛サロンというだけあって店内は清潔感があり、スタッフの方々も皆さん綺麗です。

カウンターで初回のカウンセリング予約をしている旨を伝えると、すぐにスタッフの方からパネルを渡されそこに個人情報やこれまでどのように手入れしてきたのか、日焼けやタトゥーの有無などを入力していきます。

画面の指示通りに進めればすぐに終えられるので、再度スタッフがパネルを取りに来るのを待つ間、一緒に渡された注意事項のファイルの中身を読んでいました。
この間は10分もなかったように思います。

そしてスタッフに呼ばれ個室へ向かうと、カウンセリングが始まりました。入力したパネルを見ながら、ミュゼで行われている脱毛方法や使用しているジェル、ミルクローション等についての説明を同時に受けます。

「3か所360という中吊り広告を見て来ました」と初めの方に伝えていたので、カウンセリング自体はとてもスムーズでした。

脇と腕下と脛の3か所を選んでいたのですが、何度でも通えるのは「脇」のみで、腕下と脛は一度だけ、ということを説明を受けて初めて知りました。

完全に腕下と脛の部位を脱毛するには加えてコースに加入する必要があるようで、とりあえず脇だけ完全に脱毛ができればいいかな、と考えていた私はコースの入会を断りました。

ミュゼは勧誘がない、と口コミで書かれていた通り、確かにコースの入会を勧められるのですが断ればすんなりと引いてくれたので不快に思うこともありませんでした。

最後に次回の来店日と来店時間を決めて、カウンセリングは20分ほどで終了しました。

 

ミュゼで脱毛開始

次に来店したのは、その5日後だったように思います。この日が初めての脱毛です。

個室に通された後は上の下着と服を脱いで、バスローブのようなものを着てスタッフが来るのを待ちます。
スタッフさんが来てからはベッドの上に仰向けに寝るよう促されるので、それに従い仰向けに寝ます。

この時脱毛器から発生する光に目を守るため布と、さらにその上からサングラスのようなものを被せられるので、どんな作業をしているのかが分からなくなります。
ただこれから作業する内容をひとつひとつ口頭で伝えてくれるので、不安はなくなりました。

脱毛部位の脇にジェルを塗りその上から光を当てるのですが、その時にすこしバチッとして痛かったことを覚えています。
しかし回数を重ねるたびにそれもなくなり、今ではただ肌の上を機械が滑っているような感触だけになりました。

ミュゼは手入れが終わると丁寧にミルクローションを塗ってくれるので、帰宅してから手入れ部位が痒くなったり赤くなったりすることもありません。

通い始めてから今で5回目になりますが、10~12回くらいが完全に脱毛できる目安だと言っていました。
私は偶然ミュゼの中吊り広告を見たので入会を決めましたが、ミュゼだけではなく他の脱毛サロンも毎月何かしらのお得なキャンペーンをやっているので、「脱毛は高い」と思っている方もワンコイン以下で脱毛に挑戦できると思います。

予約のとりやすさ等もサロンで違いはあるので、希望に合わせて自分でサロンを選ぶのもいいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ